自立立体駐車場は土地の有効活用に最適な駐車場

駐車場の種類には平面駐車場と自立立体駐車場の二つに分かれ、それぞれにはメリットが存在します。

自立立体駐車場について考察してみましょう。

平面駐車場は建物の建設をする必要もなく安価で済み、将来は即座に更地にして売却できるなどの面でも優れています。

一方、平面駐車場と比べ収容台数を確保できることで自立立体駐車場の方が有効活用できる場合もあり、特に商業施設などでは自動車の駐車場スペースを確保しやすい点で良いです。もっとも自立立体駐車場には、自走式駐車場と機械式駐車場の二つの駐車場が存在します。
自走式駐車場は、自動車を自ら走行させて駐車スペースに移動させる方式です。



機械式駐車場は自動車を機械によって運搬する形で駐車場に移動させる方式となります。



駐車場経営を行う場合には収容台数を確保できた方が優れている場合もあるため、自立立体駐車場の方が需要もあり、特に都心部などでは混み入った街中で駐車場を見つけることができないことから狭いスペースを有効活用できるとして、そのニーズもあります。
土地の有効活用という視点で見た場合、建物の建設費などのコストがかかりますが、地上空間を有効活用できる場合もあり、自立立体駐車場が優れている反面、土地の売却などでは更地にする場合、建物を破壊するなど手間がかかります。


従って平面駐車場とどちらが土地の有効活用に優れているか否かについては一概に言えないのも事実です。駐車場経営を本格化させて長期にわたり収益を確保しながら営業したいケースでは、平面駐車場よりも優れているのは確かです。