用途ごとに使い分けたい立体駐車場

人間に家が欠かせないように、車には駐車スペースが必要となります。


購入時には車庫証明書が求められ、出先でも路上に長時間停めておくことは許されません。とはいえ、土地というものは限られており、車に割ける余裕は常に僅かです。そうした理由により、立体駐車場の需要は年々高まりを見せています。


平面的な土地利用では、駐車スペースを増やすことはできません。

目的別の立体駐車場に関する情報をまとめました。

しかし立体駐車場は垂直に伸ばしていくことで、狭い場所でも多くの車を収容することが可能になります。


いわば、空の中に自動車を停めているも同然です。

そして立体駐車場は、自走式と機械式に分かれます。

前者は自分で運転しながら所定の場所に停めるかたちになりますので、普通の駐車場とあまり変わりません。加えてコストも比較的安くなりますので、建設時の負担が減らせるのもメリットです。

一方、機械式の立体駐車場は、リフトのセッティングまでを自分で行い、そこからは自動的に移動することになります。
経路を確保する必要がなくなりますので、敷地面積を大幅に削減できるので便利です。マンションのように、居住人数に見合った駐車場スペースを確保が難しい時は、たいへん役立ちます。



また、収納時は手が届きにくい場所に保管されていますので、防犯の面でも有用です。
立体駐車場は、設置予定地の状況に合わせて選べる柔軟な仕組みを採用しています。施工担当ともよく相談の上、最適なプランを採用していきましょう。