立体駐車場を選ぶポイント

立体駐車場にはいくつかの種類があるので、どのような土地に設置するのか、誰が利用するのかで選びましょう。

まず、大きく分けると機械式と自走式の立体駐車場があります。

立体駐車場情報を集めました。

この2つの大きな違いは必要となる土地の幅であり、機械式は機械を使って車を昇降できるので土地の幅が狭くても利用できます。

自走式の場合は駐車位置まで運転する必要があり、階層の移動には傾斜のあるスロープを使用します。傾斜が大きくなり過ぎないようにする必要があるので土地の幅がなければ使用できません。


そのため、狭い土地であれば機械式を使うことになります。



幅のある土地を用意できるのであれば自走式の立体駐車場を検討すると良いでしょう。


機械の操作がないので使いやすく、メンテナンス費用も抑えられます。
自走式では主にフラット、スキップ、連続傾床の3つがあります。



フラット型は最も一般的な自走式立体駐車場であり、スロープと駐車スペースが分離しています。


見通しも良いので駐車しやすい形式です。連続傾床型は土地の幅が狭くても利用できる形式であり、全体がスロープになっています。


駐車台数の効率も良いですが、傾斜があるので駐車しにくいデメリットもあります。

そのため、不特定の人が利用する駐車場には向かず、事業所などで利用すると良いでしょう。

スキップ型はこれら2つの中間的な形式で、階層の間に半階層を入れることでスロープを短くできる特徴があります。


これも見通しが良いので駐車しやすい形式であり、フラット型を利用できない土地の幅のときに利用すると良いでしょう。